livedoor Weather HacksでRSS提供が終了

livedoor Weather Hacksは天気予報のデータを提供してくれるサービスです。

天気予報のデータをAPIで取得できるので、とても使い勝手が良いWebサービスです。

 

気象庁などでも天気予報データを提供しているのですが、なんと有料となっています。
その点、livedoor Weather Hacksは無料で使えるのでとても便利です。

 

しかし、livedoor Weather HacksのRSSでの提供が3月30日で終了してしまいました。

 

これからはJSON形式で取得することになります。
JSONはFacebookAPIでも使用されている規格です。

 

これまでRSSで取得していた場合は、JSONに移行する必要があります。

私のサイトでは、RSSで取得する部分のエラー処理をしていなかったために、
サイトの表示が崩れ悲惨なことになっていました。

 

外部サービスがいつ停止しても良いように、サイト内プログラムのエラー処理が必要です!(反省を込めて)

JSONで取得する時の、個別地域idが分かりづらかったのでまとめてみました。

livedoor Weather Hacks APIで、お天気データのJSONを取得するための1次細分区(cityタグ)の地域id一覧まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です