IE6やIE7など古いバージョンのInternet Explorer表示を確認できる、Microsoft製Expression Web SuperPreviewとIE開発者ツール

IE6やIE7など古いバージョンのInternet Explorer表示を確認できる、Microsoft製Expression Web SuperPreviewとIE開発者ツール

IE6やIE7など古いバージョンのInternet Explorer表示を確認できる、Microsoft製Expression Web SuperPreviewとIE開発者ツール

Internet Explorerは、バージョンによって表示に違いが出てきます。
自分のパソコンでの表示通りに相手のパソコンでも表示されているとは限りません。

ですから、IE(Internet Explorer)のバージョンごとにチェックが必要なことがあります。

しかし、確認のためにIEの各バージョンを揃えておくのは現実的ではありません。

今回は、IEの各バージョンをチェックする方法をご紹介します。

 

 

Expression Web SuperPreviewを使う

Expression Web SuperPreviewは、Microsoft製のIE表示確認のためのデバッグツールです。

無料で使え、使用期間が終了しても表示確認機能はそのまま使えるようになっています。

早速インストールしてみましょう。

下記のURLからファイルをダウンロードし、パソコンにインストールします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=2020#system-requirements

インストール後、起動すると以下のような画面になっているかと思います。

まずは画面上部のメニューから、「左右分割レイアウト」に変更します。

Expression Web SuperPreview01

今回は、左側をIE6・右側をIE7にしてみたいと思います。
それぞれのアイコンをクリックします。

Expression Web SuperPreview02

画面が切り替わるので、上部メニューの「場所」に、テスト表示したいページのURLを入力し、緑色の矢印をクリックします。

しばらくすると、IEの各バージョン表示を比較できるようになります。

Expression Web SuperPreview03

 

 

IE9・IE10の開発者ツールを使う

IE9やIE10では、標準でデバッグのための機能が搭載されています。

IEを開き「F12」キーを押します。
または、メニューの「ツール」→「開発者ツール」をクリックします。

開発者ツールのメニューが表示されます。

ie01

開発者ツールの「ブラウザーモード」で、テストしたいバージョンを選択します。
ie02

 

 

まとめ

IEの各バージョンでの表示は確かに必要ですが、アフィリエイトサイトに関してはそれほど敏感になる必要はないかもしれません。

表示対応に時間を使うよりも、コンテンツの充実に時間をかけたほうが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です