PHPListでメルマガ独自配信システムの運用

メルマガ関係のレビュー記事一覧はこちら

メルマガ配信システムとして試したのが「PHPlist」という配信システムです。

 

PHPListの概要

PHPListはメールマガジンの独自配信システムです。

自前のサーバー(レンタルサーバーや自宅サーバー)にインストールし運用します。
動作環境としては、PHP5とMySQLが使えるサーバーであれば問題なく動作すると思われます。

PHPListなら、登録者のメールアドレスを管理できますし、WordPressプラグインとの連携によってWordPressに組み込むこともできます。

 

PHPListのインストール

まずはサーバーにデータベースを作成します。

では、PHPListを早速インストールしてみましょう。

まずは
http://www.d-ip.jp/phplist/pl7/
から、ファイル一式をダウンロードします。

通常は「PHPList(Linux/windows)ソースファイル」を選びます。

ダウンロード後ファイルを解凍します。

ファイルを解凍したら、自分のサーバー環境に合わせて設定ファイルを編集します。

「public_html」→「lists」→「config」→「config.php」を開きます。

config.php内の以下の部分を編集します。

$database_host = “データベースホスト名”;
$database_name = “データベース名”;
$database_user = “データベースユーザー名”;
$database_password = “データベースパスワード”;
$bounce_mailbox_host =”SMTPサーバー”;
$bounce_mailbox_user =”メールアカウント名”;
$bounce_mailbox_password =”メールアカウントパスワード”;

config.phpを編集した後、「lists」フォルダをFTPアップロードします。

「lists」フォルダは好きな名前に変更してもかまいません。

今回は、http://www.ex.com/lists/ にインストールする例として進めていきます。

FTPでアップロード後、ブラウザで
http://www.ex.com/lists/admin/
にアクセスすると、設定画面が出てきます。

そのまま設定を進めていきます。

初めのメールは文字化けすることが多いと思うので、データベースの文字コード設定を変更する必要があります。

PHPlistは元々海外の開発なので、日本語運用するには細かな設定が必要になってきます。

WordPressプラグインで「PHPlist」を検索すれば、プラグインもインストール出来ます。

 

まとめ
実は、時間がなかったのでここまでしか設定していません・・・

設定を煮詰めれば使い勝手はよさそうなのですが・・

やはり日本製の配信システムの方が簡単かと思い、「メルマガライダー」の方を試してみることにしました。

メルマガライダーに続く

PHPListでメルマガ独自配信システムの運用」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です